FXコンテンツ

為替とポジション

投稿日:

FXで利益を得るためには、為替レートの変動を利用することになります。

たとえば1ドル100円の為替レートで10万円分購入した場合、トータルで1000ドルという計算ですが、その後為替レートが変動して1ドル110円となった段階でドルを売ると1万円の利益を得ることができます。

この為替レートの変動を利用して得ることができる利益のことを「為替差益」といいます。

しかし、逆にドルの価値が下がって1ドル90円になってしまうと同じ1000ドルであっても日本円に換算すると9万円という金額となりますので1万円の損失となります。

この損失のことを「為替差損」といいます。

 

FXとは、この為替レートによって利益や損失が出る取引のことですが、それが確定する以前の状態を「ポジション」といいます。

為替差益を得るためには、まずは投資して通貨を買っておく必要がありますが、この状態は買いポジションを持つと呼ばれる状態です。

たとえば冒頭の例で1ドル100円で10万円分買った場合、ドル円で1000ドル分買いポジションを持っている状態という事になります。

それとは逆に、FXでは売ってから買い戻す{※空売り(からうり)}といった投資方法もあり、この状態が売りポジションをもつと言われる状態です。

1ドル110円の為替レートで1000ドル分を売り、1ドル100円になった段階で買い戻すことで為替差益を得ることができるのがこの方法です。

最初からドルを持っていないのに買い戻すことができるのか、と少し疑問に感じるかもしれませんが、この場合の考え方としては売るドルは取引会社から借りるようなイメージです。

1000ドル分借りたとして、その時1ドル110円の為替レートだったとすると、日本円では11万円分を借りたことになりますね。

ですが、返そうと思った時にその後のレート変動で1ドル100円になっていれば、取引会社にはその時のレートで返せばいいわけですから、同じ1000ドルでも10万円返せばいいわけです。

という事は日本円では1万円分得をしたというようになり、この1万円が売りポジションであげた為替差益となります。

 

現在の自身のポジションが買いポジションであっても売りポジションであっても、現在の取引に対して決済をしなければ為替差益や為替差損を得ることはできません。

決済する前の見込み収支の事を値洗い(ねあらい)と言い、決済する際はここから手数料などを引いた額が実際の為替差損となります。

つまり、ただ投資したポジションを保有しているというだけでは投資した分が増えることも減ることもない、ということです。

ただ後述しますが、FXにはスワップポイント(スワップ金利)というものが存在し、その時の通貨間の金利差によって毎日金利が手に入るもしくは金利を支払うという事が発生いたしますので厳密にはレート以外にも損益にかかわる要素はありますのでご注意ください。

買いポジションであれば現在所持している通貨を売ることで決済となりますし、売りポジションの場合は買い戻すことで決済となります。

実際にはこの決済のタイミングで投資した通貨が利益となるか損失となるかの分かれ目となりますので、株式などと同じようにFX取引でも最初に売買する時、そして決済する時のタイミングが重要であることに違いはありません。

-FXコンテンツ

Copyright© 初心者・女性のためのFX投資スクール , 2017 AllRights Reserved.