FXコンテンツ

レバレッジとは

投稿日:2017年5月20日 更新日:

FX取引における特徴のひとつに「レバレッジ」というものがあります。

FXの取引では、海外の通貨に対して投資をするというのが基本的な考えですが、この取引で使われるのがレバレッジです。

まず取引会社に対して投資するお金を預けいれることになるのですが、この預け入れるお金のことを証拠金といいます。

例えばFXの主要な銘柄であるドル円だと1ドル100円の時に1万ドルを運用する場合、100万円が必要となります。

ですが、為替が0になることってまずありませんよね?

もっと言えば一日に5円近く動くことってほとんどないですよね?

という事は、5円×1万通貨ですので5万円の損益が関の山という事です。

100万円用意しているけど実際に損失のリスクは5万円、なんか効率悪いとお思いの方も多い事でしょう。

そんな資金効率を上げてくれる制度、それを可能とするのがこの証拠金制度であり、FXの場合は証拠金の数倍~数百倍の金額を取引をすることができます。

ここで関係してくる概念が「レバレッジ」なのです。

レバレッジの語源は英語でいう「レバー(=てこ)」にあり、取引会社に預け入れた証拠金の何倍もの金額で取引ができることをいいます。

 

FXがこうしたレバレッジによる取引ができる理由は、その決済方法が関係しています。

たとえばお店などで商品を購入する場合というのは、その場でお金を支払って決済を行いますが、FXの場合は取引の結果の差額だけで決済を行いますこれを「差金決済」といいます。

FXは変動する為替レートで利益や損失が発生します。

1ドル100円のレートで1万ドル買った場合には正確には100万円必要ですが、100万円用意するわけではなく、その後為替レートが変動して買った当時の金額で差額が発生するとその差額だけを受け取ったり支払うことになります。

これがFXの取引の基本であり、こうした決済方法を可能とするために証拠金を預け入れてその何倍もの金額で取引ができるレバレッジというものがあるのです。

 

そんなレバレッジですが、預け入れた証拠金の倍率に応じて利益や損失も大きくなっていきます。

レバレッジが大きくなればそれだけ多くの金額での取引ができるようになりますので、たとえば10万円の証拠金でFXを始めた場合でも10倍のレバレッジで取引を進めれば100万円の取引が可能です。

ただし、資金効率が10倍という事は利益も損失も10倍になるという事は忘れないようにしてください。

このように、レバレッジによるFXの取引については、ハイリスクハイリターンという側面もありますので、これからFXの取引を始めようという人の場合であれば、最初からあまり大きなレバレッジで取引をしない方が良いでしょう。

初心者の場合は少なくとも2~3倍前後のレバレッジで取引を行った方が損失が出た場合のダメージを減らすことができますし、FX取引の流れについても理解しながら進めることができるのではないでしょうか。

また、設定可能なレバレッジについても実際に取引を行う取引会社によって異なります。

中には数百倍ものレバレッジを設定できるというところもありますので、こうした要素も含めて取引会社を選ぶこともできます。

-FXコンテンツ

Copyright© 初心者・女性のためのFX投資スクール , 2017 AllRights Reserved.