FXコンテンツ

トレンドラインでチャートを分析

投稿日:2017年5月30日 更新日:

FXで値動きを把握するために欠かせないものといえばチャートです。

このチャートを見て現在の相場がどんな状態にあるのかを分析し、最適なタイミングで売買の注文を出すということがFXの取引で利益を出すための第一歩となります。

為替相場の値動きの傾向のことを「トレンド」といいます。

たとえばチャートで上昇傾向にある相場を上昇トレンドと表現することがありますが、FXの相場というものはこの上昇と下降のトレンドの見極めをすることが重要となってきます。

下降トレンドの時には少しでも安い価格で買い注文を出し、その後上昇トレンドに転じた際に売り注文を出す、そうすることで為替の差額で利益を得るということが可能となります。

特にまだFXの取引を始めたばかりという初心者については、トレンドの流れを無理に読み取ろうとはせずにトレンドに沿った投資を行い、取引の流れをつかんでおくと良いでしょう。

とはいえ、なかなかトレンドの流れをつかむというのは難しいものです。

特に下降トレンドの場合は、買い注文を出したいけれど現在が最適な価格なのかどうかということは判断しにくいものですし、上昇トレンドになったからといってすぐに売り注文にして良いものかどうかということについても初心者の場合はなかなか判断できないところでしょう。

 

そこで、まずはチャートを見てトレンドラインを引いてみるという方法もあります。

チャート:楽天FX MarketSpeedFX

これは相場の値動きをわかりやすくするための補助線のことであり、トレンドの転換ポイントを見極めるために役立つものです。

どんな相場であってもいつまでも上昇を続けるというトレンドであるということはありませんし、逆にいつまでも加工し続けるということはありません。

どんなトレンドであっても上昇から下降に転じるポイントというものがあり、その逆もまた然りです。

また、相場というものはただ上昇と下降を繰り返すだけでなく横ばいで進行するといった場合もあります。

トレンドラインはチャートに表示されたローソクに沿って引くことになるのですが、このトレンドラインを引くことによって相場の転換ポイントを見極めやすくなります。

トレンドラインでは現在の相場の状態がどの程度の期間続いているのかということも調べることができます。

たとえば横ばいの状態が続いているようであれば、その後上昇や下降にトレンドが転じた際にはその後の価格の変動も大きくなるという傾向にあります。

その後のトレンドの状況が上昇か下降かを素早く見極めて、投資を行うことが利益を得るための早道といえるでしょう。

トレンドラインを引くことで、チャートから相場の状況が把握しやすくなりますので、その後の取引においても大きな参考となるのではないでしょうか。

-FXコンテンツ

Copyright© 初心者・女性のためのFX投資スクール , 2017 AllRights Reserved.