FXコンテンツ

なかなか決済ができない場合

投稿日:2017年6月1日 更新日:

まだFXの取引を始めたばかりという初心者の場合、ありがちなのはなかなか決済ができない、というケースです。

どんなポジションであっても、決済をしなければ利益も損失も確定することはできません。

この場合に多いのが、下降トレンドの状態で売りポジションを保有しているというケースです。

このまま下降を続けると損失が大きくなっていきますが、もしかすると上昇に転じるかもしれない、と考えてそのまま保有を続けるという状態です。

確かにFXの為替レートというものは常に変動していますし、通貨という特性上、主要通貨のペアにおいてはいつまでも下降を続けるということはまずありません。

そのため、トレンドが下降から上昇に転じる可能性も少なからずあるのですが、そのタイミングがいつなのかということについては初心者の場合はなかなか予測が難しいものです。

そのまま含み損のままポジションを保有し続けてもその後上昇に転じるという保証がない場合は思い切って決済をしてそこで損失を確定させておいた方が良い場合もあります。

含み損をかかえたままポジションを保有していても損失が拡大していくだけになってしまうケースが多く、その前に損失を確定させておくこともFXの取引では重要な判断となります。

逆に上昇トレンドの状態で売りポジションを保有している場合、このまま保有しておけばさらに利益が増えるかもしれない、ということでなかなか決済できないというケースもあります。

この場合も、いつまでも為替レートの相場が上昇し続けるということはありませんので、利益が出た場合には早めに決済をして確定しておくことが大切です。

FXの取引を始めて間もない頃というのは、まだ相場の分析もなかなか難しいものであり、「まだ上がるかも」「下がるかもしれない」と考えてしまうことは無理もないことです。

それだけに、トレンドの上昇や下降に一喜一憂することも最初のうちはどうしてもあるものです。

このような場合におすすめなのが、自分の中でルールを決めておくという方法です。

相場のラインがここまで下がったら決済する、あるいは逆にここまで上がれば決済する、といった具合にルールを決めておいて、そのルールに従って取引を行います。

もちろんこのルールについてはある程度取引の経験が増えてくればその都度修正しても構いません。

大切なことは、勝手な希望的観測でズルズルと損失をふくらませることがないようにすることです。

特に初心者の場合は、様々な情報を集めて総合的な判断ができるような技術を養うことを考えるようにすると良いでしょう。

-FXコンテンツ

Copyright© 初心者・女性のためのFX投資スクール , 2017 AllRights Reserved.